« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

レーシック

このタイミングでレーシック手術受けてきます
f^_^;


だって1ヶ月以上前から予約いれてましたもの〜


昨日検査に行った時、やはり不安だったからお医者さんの診察の時には失明しないか?とか衛生面の安全性は大丈夫か?とか聞くで!
と思ってたけど、
いざ現場にいったら100人位の人が常時検査してはって、
なんかレーシックって普通なん?みんなやってるんや…
みたいな錯覚に陥って結局なんか全然聞けませんでした
(*_*)

結構一般的なんでしょーか?

とにかく今日からフルメイクは一週間できないので、ほぼ素顔で仕事しますが、ビックリしないように。

あんまり変わりませんよ〜
こわいもの見たさにライブに来て下さい。

特に明日は完璧ノーメイクです(・_・)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

芸術とエンターテイメント

昼間テレビ見てたら、NHKで爆笑問題がいろんな学問のオーソリティに話しを聴きに行くみたいな番組をやっていた。

今日は美術解剖学の東京芸大の准教授の人がでてて、美術における人体の解剖学的扱いを研究されているらしい。

その人の昔の写真がすごくて、自分で解剖した吊された骨と筋肉だけの遺体と腕を組んでるとことか…!!

まあそれで、ロダンは彫刻などで、それまで神聖で誇張的だった人体の表現の仕方を、解剖学的にリアルに表現した先駆者で、その当時はリアルすぎて全然評価されなかったらしい。
でも今では素晴らしい芸術作品としてとらえられている…。

モナリザも一見ただの女性の肖像画だけど、解剖を沢山やって人体のことはよく知っているダヴィンチは意図的に絵に操作して、左右の目が違う方向を見ていたり、上下の唇が左向きと右向きだったり、輪郭も違う方向だったりと、一見しただけではわからないけど何故か気になって、後から後から魅力に捕われていく…、
といった芸術の永久性とか深さを論じられていました。

爆笑問題の太田は、
それじゃあ今すぐに伝えたいのに遅すぎる、
テレビがマスに1番早く沢山伝える手段としてあり、エンターテイメント(お笑いを含む)は深さや永久性はないけれど、最もわかりやすく早く多くの人に伝えられるからいいんだ、みたいなことを言っていました。

エンターテイメントが芸術とは違うかどうかは別で論ずるとして、美術だけじゃなく音楽、とりわけジャズにはこのことがとても当てはまるなー、と思いました。

ジャズが生まれて100年くらい?、そこそこ歴史もできてきて、クラッシックほどにはいきませんがだんだんと深みもでてきました。
最初はエンターテイメント的な要素がほとんどだったかもしれませんが、演奏スタイルも様々に枝分かれして、理論や考え方も昔より複雑になりより芸術的な立場で突き詰める人達も出てきました。(もちろんどのように美しくメロディを歌い人に届けるかが基本にあります)

聴衆を楽しませる目的は同じとしても、その方法は様々です。
例えば、わかりやすい聞き馴染みのあるリックを使うか、
創造的で独創的なフレージング(時には知らない人にはわかりにくい)を使うか…等…

エンターテイメントと芸術をどちらをとるかみたいな二元論として考えたくありませんが、演奏の現場ではそうなってしまうこともあり、難しいところです。

1番大事なのは自分の演奏に自信をもって、芸術性もエンターテイメント性もあわせもつライブができればいいな、ということです。

でも最終的に私はミュージシャンというよりアーティストでありたいです。
(でも今この言葉J-POP的なところでも流行ってて嫌ですが…)

なんだかわかりにくい文章ですみません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月17日ライブ告知!!

何ヶ月かに一回京都のルクラブジャズというライブハウスで、
リーダーライブをしていますhappy01shine

是非一緒に演奏したい!!!というミュージシャンにお願いして
自分の求めている音楽を表現できる大切な時間heart04

3月17日(火)
場所*ルクラブジャズ
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ktsin/
京都市中京区三条御幸町角三条ありもとビル2F
075-211-5800

bass 萬恭隆
drums 斎藤洋平
piano 笹井真紀子

chage \2500 1ドリンク付

萬君 斎藤君 そして私の本音のぶつかり合いと申しましょうか、すべてをさらけだしての音楽、何が起こるかわからない・・・、信用しているからこそできるのですup
私自身が一番不安。。。でも自分もしっかり信じて、そしてみんなの素晴らしい音楽にも頼って素敵な何かがおこればいいな、と思っています。
絶対大丈夫でしょうgood

みなさま、ぜひぜひお越し下さいhappy02note
私たちミュージシャンに皆様のパワーをくださいpunchannoy

また近づいたらお知らせしますcherry

よろしくお願いしますsign03up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月のスケジュール

heart04今回は一日遅れですup

2月はおすすめライブ盛りだくさん!!
それではいきましょう~run

2月6日(金)   谷町四丁目 グラバー邸
           http://glover-jazz.com/
           flairリーダーライブです!
            
b.浦田和史 ds.光田仁
             ドラマーの光田さんとは久々の演奏です!
             ずっとお願いしたかったのでとても楽しみですshine

2月7日(土)   布施 クロスロード
           http://www.c-road.org/
           vo.三田裕子 b.田中祐太
           チャージ¥2000

2月8日(日)   京都南禅寺 コルドンブルー
    http://www.cordon-blue.net/nanzenji/index.htm
           tp.藤井美智 b.衛藤修司
           京町屋を改装したフレンチレストランでのライブrestaurant
           おいしいお料理と音楽と
           日本家屋のほっこりしたお店の雰囲気・・・
           ぜひご予約してお越し下さい!!

2月10日(火)  武庫之荘 Blanc+Plus
           武庫之荘より南へ10分 ナビ306ビル2F
           20:00~3Stage
           solo piano

2月12日(木)  京都花園 SOEN
                       http://www.geocities.co.jp/musiccafesoen/
           org.笹井真紀子 g.仲野肇 ds.斎藤洋平
           チャージ¥1500 ワンドリンク all\500
                        今月は久々つづきです!!
           演奏を再開した時から一番お世話になっている
           SOENさんhappy02
                        今回はマスターのお兄さんにお借りしている
           オルガンでのライブです!

2月13日(金)  NHK神戸 ラジオ収録
           ts.福代亮樹
           神戸ネクストジャズコンペで賞を受賞された
           才能あふれた若きサックス奏者 福代亮樹さんの
           収録に参加させていただくことになりました!
           スタジオ観覧もあるみたいなので詳細はまた!

2月14日(土)  豊中 桜
           solo piano
                        阪急豊中駅8番出口すぐ
           20:00~

2月15日(日)  京都 イタリアンレストラン イルビッキエーレ
   http://www.k-factory08.com/bicchiere/qa/index.html
           b.浦田和史
           京都の街中大変便利な所にありますレストランの
           バレンタインイベントheart04ウニのパスタ絶品ですshine
           詳細はまたお知らせします!

2月16日(月)  京都 ウエスティン都ホテル バームーンライト
           ts.西村由香里

2月19日(木)  京都 MOJO WEST
                        Tommy(Tb) 笹井真紀子(P) 中嶋明彦(B)他
           チャージ\2500

2月20日(金)  豊中 桜
           solo piano
                        阪急豊中駅8番出口すぐ
           20:00~

2月23日(月)  谷町四丁目 グラバー邸
           http://glover-jazz.com/

2月28日(土)  香里園 シープレス
           http://www.neyagawa.info/seapress/

ご質問お問い合わせメール下さいloveletter

よろしくお願いします!!
         
                        
            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »